K18サファイアリングを2種類のリングとアメリカンピアスにリフォーム(リーフレット記載)

親族から受け継がれた美しいサファイアが留められたリングをお持ち込みいただきました。

ビフォアー

中石のサファイアを使用しスッキリと普段から使いやすいデザインでのオーダーに加え、周りに留めてあるダイヤモンドも他のデザインで再利用をとご希望いただきました。

まずは店頭にあるデザインからいくつかご提案させていただき複数のデザインを気に入っていただきましたので一度改めてデザイン画像と原型を作製してから再度ご確認いただきました。

中石リングは特に同じデザインであっても石の大きさや形状によって印象が異なります。量産型とは違い、石一つ一つに合わせて細かい微調整をしていくため実際は1点モノのデザインなんです^^

そのような工程を挟み正式にご依頼いただいた完成品がこちらです。

左側のハーフエタニティリングはオリジナルジュエリーの既存デザインを艶ありで採用。引っかかりの気にならないタイプです。お持ち込みいただいたリングに留められていた12個のメレダイヤモンドの直径が揃っていたためすべて使用できました。直径が0.05mm違うだけでもバランスが悪くなってしまいます。不足分のダイヤモンドはこちらで石合わせをして追加させていただきました。

右側のサファイアリングはフクリン留めでも光をたくさん取り入れるデザインに工夫したことで輝きが明るくなりました。キューレット(おしりの尖った部分)は丸みがあったため使用感を損なわず程よい高さで重ね使いもお楽しみいただけます。

リング両サイドのダイヤモンドを使用したアメリカンピアス。チェーンが細すぎたり爪が薄すぎたりるとチープに見えてしまいがちですが少しボリュームを出すことで大人感がでてきます。

リフォームのご依頼をいただきましたT様、たいへん喜んでいただきありがとうございました。完成品をご覧いただいた時の笑顔を拝見することはこの仕事に携わるうえでこの上ない喜びを感じる瞬間です。

K18サファイアリングリフォーム ¥58,300 K18ハーフエタニティリングリフォーム ¥71,500 K18アメリカンピアスリフォーム ¥24,200 (税込) 地金買取は別

それではよい一日を。